CM曲でも話題の6人組ボーカルグループLITTLE GLEE MONSTERにNEW SINGLEのことを聞いちゃいました!

「My Best Friend」はいろいろな人に共感して欲しい曲


今年1月にリリースした1stフルアルバム『Colorful Monster』がチャート上位にランクインし、最近ではドラマやCMタイアップなど、その歌声を耳にすることが益々多くなった6人組のボーカルグループ、Little Glee Monster。そんな彼女たちが、4曲入りの5thシングル「My Best Friend」をリリースした。様々な表情を見せるこのシングルについて、そして現在公開中のMV、さらには秋から始まる全国ツアーについて話を聞いた。


— 今回のシングル「MY BEST FRIEND」はどんな内容になっていますか?

manaka : ミニアルバムのような感じになっています。4曲ともみんな違う表情の曲たちなので、ライブでも見応えがある曲ばかりなので、楽しんでいただけると思います。


– タイトル曲の「MY BEST FRIEND」ですが、彼氏ができて変わってしまった友だちへのメッセージ的な歌詞ですが、みなさんはこういった経験などありますか?

アサヒ : 経験はないですけど、(この歌の主人公は)若いコなので、初めて彼氏ができて、どうしたらいいか分からずに(彼氏に)合わせていたら、自分がなくなっちゃったんだなっていうイメージが浮かびました。


— もし彼氏ができたらどう?

メンバー一同 : アサヒは変わらないんじゃない?

アサヒ : 変わらないと思います。

麻珠 : 私は(彼氏に)合わせちゃうタイプだと思います。歌詞の中で「彼氏好みにあなたはなって、あなた好みに彼氏はならない…」という一節があるんですけど、そういう子もたくさんいるだろうなって思えるし、「大好きだから大切だから言い合える言葉がある」の歌詞はすごく共感できます。大切な人だからこそ、言えることも(自分には)あるので、いろんな人にも(この歌詞を)共感して欲しいなって。

MAYU : 友だちが(この歌詞のような)こういう感じになっているときがありましたね。自分はどちらかというと友だちを優先しちゃうタイプなので、なんか別にイケルかなって(笑)。私はもし親友とか仲のいい友だちがそうなったら、けっこうガツンと言うタイプです。

manaka : こういう子って多いと思います。それは彼のことが好きだから仕方ないし…。でも親友というのは、その子の良さをいちばん知っていると思うんです。彼の目に映る女の子を演じているよりも、“いつもどおりに楽しもうよ”って、私はそういう子に向けてやさしい気持ちで歌っています。

芹奈 : 私、そういう(「My Best Friend」の歌詞のような)経験はあまりないんですけど、メンバーを思い浮かべながら歌っています。意外に自分は自分のすべてをわかっているつもりだけど、みんな(メンバー)の方が私のことをわかってくれているんじゃないかな。

かれん : 私は身近な友だちに、そういう子がいて、彼氏ができたとたん、急に彼氏の好きなブランドを身につけたりしていましたね。ちょっと(彼氏が)YOYO系を好きみたいで(笑)。こうやって変わる子もいるんだって。私は親友にはけっこう言えるタイプだし、メンバーとも言い合える仲なので、歌詞の世界に入りやすかったです。


カワイイシーンはこんなに大変だったのかって


–「MY BEST FRIEND」のMVも公開されましたが、撮影のときのエピソードがあれば教えてください。

アサヒ : 生まれて初めてクラブに入りました。クラブってこんなにおいがするんだって。

麻珠 : 楽しかったのは、バースデーのシーン(リリース日の2日後がアサヒの誕生日)で、はしゃいでいるところを撮ったんです。みんな素な感じで顔にケーキのクリームをつけたりして、プライベート感みたいなものが出たと思います。

MAYU : サビの部分でクラブで踊っているシーンがあるんです。MVでは短くカットされて映っていないですけど、実はララララーの部分にも振りがあって…。でも振りのタイミングが難しくて、みんな足がおかしくなってしまって爆笑してしまったんです。そこの私の爆笑がフルでMVで使われているんです。

manaka : みんなで浴槽に入るシーンがあるんですけど、映画に(そういうシーンが)よくあるじゃないですか? 実際に自分たちでやることになって嬉しかったんですけど、(浴槽の下にクッションを入れて腰が痛くないようにしたり)実はけっこう大変なんです。顔がずっと天井を向いている体勢だったので、首と腰が極限状態で、辛い体勢でした。カワイイシーンは、こんな大変なんだって。

芹奈 : カートに乗るシーンがあったんですけど、けっこうカートの中が硬くて、痛かったんです。狭いので足の角度もちゃんと決められなくて、なんか昔のちゃーんってヤツ(※子連れ狼のことだと思われる)みたいな気持ちになりました。

かれん : 私は失敗談になってしまうんですけど、manakaが言っていた浴槽のシーンで、けっこういい感じに撮れたと思って控え室に戻ったら、机の上に私のピンクのヘッドホンがぽつんと置いてあって…。ヤバい!終わったなってその瞬間に思いました。でもここで言わないと、あとあと大変なことになってしまうので、もう一回撮り直したんです。本当にすみませんっ!

※ヘッドホンはリトグリのトレードマークなので常に着用が前提。


流行りの曲よりは、昔の曲の方が新鮮に感じることが多い

リトグリのトレードマークでもあるヘッドホンは、音楽が大好きで、その気持ちをファッションでも表わしたいというきっかけから始まったとのこと。では、そんな彼女たちが、普段はどんなアイテムで音楽を聴き、どんな音楽を楽しんでいるのか聞いてみよう。


— みなさんは普段、音楽をどんなアイテムで聴いていますか?

アサヒ : イヤホンで音楽を聴くことが多いです。移動中でも付け外しがし易いし。電車に乗っているときは、乗り過ごさないように、片耳だけ付けて音楽を聴いたりしています。


— 普段使うイヤホンはどんな基準で選んでいますか?

アサヒ : そんなにこだわりはなくて、(見た目的に)カワイイなって思ったものを使っています。この前のイヤホンはHMVで買いました。

麻珠 : ヘッドホンも使いますけど、基本はイヤホンですね。でも家では小さいスピーカー、水が入っていてキラキラ光るものがあるんですけど、それで聴いたりもします。

MAYU : 私も基本イヤホンです。こだわりは特になくて3〜4つ持っています。もともとスマホに付いていたものや、スマホのケースに付属していたイヤホンだったり、いただいたものだったり…。私もカワイイ重視です。でもこれも使えるんですよ(トレードマークのヘッドホン)。あっイヤホン忘れた!というときにはこれ使います。

manaka : 私も移動のときはイヤホンです。でも家に帰ったらレコードを聴きます。プレーヤーにスピーカーが付いている簡単なものなんですけど。


— レコードを聴くきっかけって?

manaka : 友だちがレコードを聴いていて、いいよって勧めてくれたので買ってみようかなって。最近は気になるアーティストが新譜をレコードで出していることが多かったり、中古もたくさんあって安いんですよ。けっこうコレクションもしています。

芹奈 : 私も移動のときはイヤホンです。私もレコードは持っていて家では(レコードを)聴いています。


— もしかして(若い子たちの間で)レコード流行っています?

manaka : そんな多くはないですけど、聴いている子もわりといますね。

かれん : ヘッドホンとイヤホンを使っています。今日は荷物を減らしたいなってときはイヤホンで、服に合わせたりしたいなって思うときは(ヘッドホンを)首から下げたり、そのままカバンにかけたり。けっこう(ヘッドホンは)持っていますね。


— そんなLITTLE GLEE MONSTERのみなさんはプライベートではどんな音楽を聴いています?

アサヒ : 80年代のアイドルを聴いたりしています。マイナーなところが好きで、最近では水野きみこさんを聴いています。いちばん聴くのは岡田有希子さんです。かわいい感じがいいですね。

麻珠  :洋楽が好きです。EDMは昔から好きで、デヴィット・ゲッタのライブの映像を観たりして気分を上げています。

MAYU : 私は両親の影響で倖田來未さんが好きで、いまもずっと聴いています。あと曲調から音楽を好きになることもあって、三線の音が好きなのでBEGINさんも聴きます。アニソンも聴きます。「ぴちぴちピッチ」っていうアニメが好きだったんですけど、知っている人と知らない人がきっぱり分かれるアニメらしくて。

manaka : 最近のお気に入りはバーガーレコーズのザ・ガーデンです。日本やと70年代のシティポップ、細野晴臣さんやシュガーベイブとかを聴いています。友だちが詳しくてバーガーレコーズのことを教えてもらいました。あとはホーリードラッグカップルっていうバンドもお気に入りですね。


— そういう音楽ってどこで出会うのでしょう?

manaka : 友だちきっかけもあるんですけど、サウンドクラウドやバンドキャンプで調べたりもしています。


— 例えば、シュガーベイブなどを聴いたとき、MANAKAさんの世代の人たちはどんな印象を受けるんでしょう?

manaka : いまの流行りの曲よりは、昔の曲の方が新鮮に感じることが多くて。だから60年代、70年代の音楽が好きですね。

芹奈 : 最近、家でよく聴くのは桜田淳子さん。桜田淳子さんが、さだまさしさんや中島みゆきさんの曲を歌っているアルバム(『Thanks 40 ~青い鳥たちへ』のCD2 FAVORITE)があるんです。


— 桜田淳子さんを知ったきっかけは?

芹奈 : 清水翔太さんのアルバム(『MELODY』)を聴いて、「化粧」がすごくいいなと思って調べていったら桜田淳子さんを知って好きになりました。

かれん : 宇多田ヒカルさんが、ずっと前から好きでいまも聴いていますし、それにPentatonixさんも大好きなんです。最近はKREVAさんのフェスに出させていただいたりして、ラップも好きになりました。


野音はフェスみたいな感じで盛り上がりたい!

9月には「ガオフェス2016~リトグリサマーキャンプ」と称した2カ所の野外ライブと全国7カ所を周るツアーが始まる。彼女たちにとって初の野外ワンマンライブと、全国ライブツアー、どんな彼女たちが観られるのだろうか?


— 少し先の話ですが秋には2カ所の野外公演を含む、全国ライブツアーが始まりますね。

アサヒ : 初の野外ライブなので、野外でしかできないようなことをしたいですね。水鉄砲とか使ってみたいです!

麻珠 : 前回のZeppツアーではダンスを披露したりして、周りから“リトグリの新しい一面を観れたよ”って聞くことが多かったんです。今度の野音でも、こういう場面を観れてよかったって思ってもらえるようにしたいですね。あとシャボン玉とかやりたいです。

MAYU : 野外はもちろんですけど、ホールをたくさん周るツアーも初めてなんです。福島や長野はリリースイベントで1、2回行けたくらいなので、そういった場所で大きいライブができるのも嬉しいです。野外は(ライブ中に)空の表情が変わっていくのが見れると思うので楽しいですよね。あと、(ツアーで周る各地の)ご飯が楽しみです。

manaka : 野音は近いうちに立ちたいと思っていた夢なので、東京と大阪で シンプルにリトグリのよさを伝えらえるライブに野音はしたいな。リトグリの6人で新しい一面もそうですけど、シングルの4曲の良さも大事に伝えていきたいです。

芹奈 : 野外でワンマンライブをするのは初めてだし、今から緊張もすごいんですけど、ダイレクトに歌が届くと思うので、ひとりひとりの歌の力をレベルアップさせて、大きくなったリトグリを観て欲しいなって思います。

かれん : 野音の2公演はサマーキャンプっていうタイトルなのでフェスみたいな感じでみなさんと盛り上がりたい。ホールでは今まで行ったことのない場所も多いので、(リトグリは)こんな一面もあるんだ、こんなグループなんだって驚いてもらえたらいいなって。


一生懸命悩みながらたくさん考えて作ったシングル

— それでは最後に今回のシングルの聴きどころをひとこと

アサヒ : ひとつひとつの曲に本当に頑張って思いを詰め込んでいるので、聴いてくれたらいいなって思います。

麻珠 : それぞれ違う良さはあると思うんですけど、どの曲も自分の身近にあることをすごく感じれると思うので、夢や親友のことだったり、自分の人生だったり…、ひとつでも感じてくれるものがあればいいなって。

MAYU : アルバムの『Colorful Monster』にまた新しい色が足されるシングルになると思うんです。この「My Best Friend」でリトグリを知ってくれた人にも、この曲が自分にピッタリだと思ってもらえるような1曲があれば嬉しいです。

manaka : シングルに収録されている「JOY」はずっと楽曲提供して欲しいと思っていた前山田健一さんに書いていただいた曲もありますし、これまでに曲を書いてもらっている作家さんたちと、私たち6人が一生懸命悩みながら、たくさん考えて作ったシングルなので、ぜひハモリや細かい部分にもぜひ注目して聴いていただけたらいいなと思っています。

芹奈 : シングルの4曲はどれもイメージが違うんです。私たちが今まで挑戦しなかった曲調の「Never ending dreamer」にもチャレンジしているので注目して欲しいです。

かれん : 今までの私たちの明るい感じもありながら、いろんなタイプの曲があると思うんです。「My Best Friend」は若い子向けですけど、大人の方にもピッタリの曲があると思うので、いろいろな世代の人に聴いて欲しいです。


取材:Tokyo Headphone Magazine/写真:鳥居洋介



5thシングル「My Best Friend」/ Little Glee Monster 通常盤SRCL-9055 ¥1,300(税込)

1.My Best Friend(ラウンドワンCMソング)

2.Happy Gate(ソニー損保 CMソング)

3.Never ending dreamer( MBS春の高校野球「みんなの甲子園」テーマソング)

4.JOY




Little Glee Monster(りとる・ぐりー・もんすたー)


2013年に結成された15歳〜18歳までで構成されたガールズ・コーラス・グループ。メンバーは 芹奈 (メンバーカラーは青)、アサヒ(メンバーカラーは黄)、麻珠(メンバーカラーは赤)、MAYU(メンバーカラーは緑)、かれん(メンバーカラーはピンク)、manaka(メンバーカラーは紫)の6人。ドラマやCMタイアップ曲などで彼女たちの歌声を聞いたことのある人も多いはず。今年1月には1stアルバムをチャート上位に送り込むなど、絶好調の中、ニューシングル「My Best Friend」を5月11日にリリースする。


Little Glee Monster オフィシャルサイト

TOKYO HEADPHONE MAGAZINE

ヘッドフォンに関連する情報を、ひたすらに掘り下げてお届けするWEBマガジン。

0コメント

  • 1000 / 1000