『LOVE DIARY』は悩んでいる人の味方になれるようなアルバム/FUKIインタビュー


 昨年10月に「キミじゃなきゃ」でデビュー。TwitterなどのSNSを中心に話題を呼んだ歌姫がついに待望のフルアルバムをリリース。たくさんのLOVE が詰まった『LOVE DIARY』の制作について、そしてアルバムへの思いを聞いた。

撮影:鳥居洋介


広い意味でのLOVEがたくさん入ったアルバム


 --待望のフルアルバムですね!

 FUKI:やっとここまで来たかという感じです。今まで頑張ってきたことが、ひとつの形になったことが素直に嬉しいです。(アルバムは)一枚でたくさんの曲を聴いてもらえるし、みなさんにフルアルバムを届けるというのはひとつの目標でした。


 --『LOVE DIARY』はどんな思いで作られました?


 FUKI:今まで私は恋愛系のラブソングが多かったんですけど、『LOVE DIARY』は恋愛の曲ももちろんありますが、それだけじゃなく家族への愛情や友だちや仲間に向けたものだったり、いろいろな愛の形を詰め込んだ、もっと広い意味でのLOVEがたくさん入ったアルバムなんです。


 --大きな意味でのLOVEが詰まったアルバムとのことですが、もし鍵になる曲があったら教えてください。


 FUKI:リード曲の「365」は、すごい昔から唄っていたし、曲のタイトルも“毎日=365”という意味なのでフルアルバムには絶対に入れたいと思っていました。初めてEIGOさんと一緒に形にした思い入れのとても強い作品なんです。それまで自分ひとりでは、どうにもうまく表現できずにいた“想い”を、EIGOさんと出会ったことで、初めて形にすることができたのが「365」。アルバムのオープニングにするのも最初から決めていました。


 --昔から唄っていた曲がアルバムに収録されるのは感無量ですね。


 FUKI:はい。ライブにずっと来てくれているファンの人たちからも、ずっと「365」をフルで聴きたいってリクエストの声が多かったので、形にして届けられるのは本当に嬉しいです。 


--『LOVE DIARY』はすでにライブでおなじみのナンバーも多く収録されていますが、これは最初からアルバムに入れようと考えていたのでしょうか?


 FUKI:最初から“この曲を入れよう”というつもりはなく、ライブを重ねていくうちに、育っていった曲をアルバムに収録しています。最初は(ライブのサポートメンバーも)探り探りの面もありましたが、演奏を重ねるうちに、“ここをこうしていこう”みたいな意見を交わすことができて。さらに生バンドなので曲が成長していくのもよくわかるんです。


 --アルバム制作にあたって“生みの苦しみ”的なものはありましたか? 


FUKI:意外と今回はそんなになかったですね。「キミ、キミ、キミ※」も入っているし、「365」も「泣きたいんでしょ?」も「すきだよ。」もずっと唄っている曲だし、EIGOさんと楽しくレコーディングできました。“明日までにこの曲の歌詞を書いてきて!”といった時間の面でパツパツな大変さはありましたけど、それも楽しみながら、やれました。 ※(デビュー当初、連続リリースをした“キミ3部作”と呼ばれる作品、「キミがスキ」「キミじゃなきゃ」「キミへ」)


 --今回のアルバムの中で、佐伯ユウスケさんとの「ふたりいろ」や佐藤嘉風さんとの「星になるから」といったEIGO&FUKIのコンビとは違った曲もありますね。


 FUKI:ふたりとも私にないものを引き出してくれました。特に「ふたりいろ」はチャレンジした楽曲でした。こんな感じの曲は今の私には絶対に作れないです。(いい意味で)すごくシンプルな曲じゃないですか? 歌詞の世界観一つとっても、自分なりに解釈するのになかなか時間が掛かってしまって…。歌の譜割りも、これまでの私では考えられない譜割りを教えて頂いたのでとても勉強になりました。ただ、慣れないメロディーに、はじめは音程がうまく取れなくて、佐伯さんに助けてもらいながら、集中してレコーディングしましたね。


 --歌詞の世界観の解釈に時間がかったそうですが、歌詞を理解すると、しないでは違いはありますか? 


FUKI:全然違います。もちろん仮で歌うことはありますが、実際のレコーディングでは歌詞の世界観がわかるまで聴きこむし、しっかり理解してからレコーディングに臨んでいます。じゃないと聴く人にも、(中途半端な感情が)たぶん伝わっちゃうし、自分でも感情が入らないというか、唄っていて気持ちが悪いんです。


 --チャレンジと言えば、「ホンモノの恋、はじめませんか?」もこれまでの曲調とは違ったアップテンポなナンバーですね。


 FUKI:友だちと話していている中でこの曲の歌詞は生まれたんです。27歳というと、職場でも少し偉くなったりして、なかなか素直に自分の気持ちは言えなかったり、先の答えが見えてしまって積極的になれなかったりしている人が多くて…。そんな人たちに向けて“臆病になっているのは、あなただけじゃないよ”というメッセージと、“年齢とか関係なく楽しんで行こう!”という思いを込めて作りました。だから曲調もノリのいい感じにしたかったんです。恋する女子の応援ソングとして作りました。


 --このアルバムはどんな人に聴いて欲しいですか?


 FUKI:これまで(の曲)とはテイストの違うものもたくさん収録されているし、歌詞もすごく考えて作りました。手に取った人、みんなに聴いて欲しいのはもちろんだけど、悩んでいる人の味方になれるような想いを込めて作ったアルバムなので、聴いて、仕事に夢に恋愛に人生に希望を持ってもらえたら嬉しいです。あと私自身、様々な葛藤に思い悩まされた思春期に、音楽だけはそばにいてくれたという想いがあるので、心の支えになるような、ずっと聴いていられるようなアルバムに育っていってくれればと思います。 

 1st Full Album『 LOVE DIARY』/FUKI 

VIZL-1047 2016.09.21 (Wed) Release

初回限定盤(CD+DVD) / 3,500円(税込) VICL-64587 通常盤(CD) / 2,800円(税込) 

 <収録曲>

 01. 365 

02. 泣きたいんでしょ?

 03. キミがスキ (LOVE DIARY Ver.) 

04. LOVE DIARY 

05. ふたりいろ

06. ホンモノの恋、はじめませんか?

07. すきだよ。 

08. キミじゃなきゃ

09. キミへ (Strings Ver.)

10. 星になるから 

11. With U 

12. 365 (Piano Ver.) 

 <初回限定盤特典DVD収録内容> キミじゃなきゃ (Music Video) キミへ (Music Video) With U (Music Video)

FUKIオフィシャルサイト:https://fukimusic.jp/

【ライブ情報】 

 FUKIワンマンライブ『LOVE DIARY』 

日程:2016年11月2日(水・祝前) 

開場:18:00 / 開演:19:00 

会場:SHIBUYA CLUB QUATTRO(渋谷クラブクアトロ)  

チケット:前売り ¥3,500(税込) / 当日券¥3,800(税込) ※ドリンク代別途必要 ※オールスタンディング 

チケット発売中 ローソンチケット(Lコード:75382) http://l-tike.com/order/?gLcode=75382 

チケットぴあ(Pコード:310-821) http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1644321&rlsCd=001&lotRlsCd=  

年齢制限:3歳未満入場不可 

主催 / 企画 / 制作:NTTドコモ,PARCO,レインボーエンタテインメント,DISC GARAGE,ARTIMAGE INC. 

後援 / 協力:Victor Entertainment,Inc  

天性の歌声と、ナチュラルかつ繊細なソングライティングセンスを兼ね備えた、 今一番注目すべきアーティストFUKIの1st Full Albumリリース記念ワンマンライブ。 デビューシングル「キミじゃなきゃ」から最新作「LOVE DIARY」までの軌跡を、 バンドスタイルでたっぷりとお届け!この機会を是非、お見逃しなく。 

【配信情報】

 ・iTunes Store 

 ・レコチョク

 ・mora 

【Youtube】 FUKI - 365 (Music Video -digest-) 

TOKYO HEADPHONE MAGAZINE

ヘッドフォンに関連する情報を、ひたすらに掘り下げてお届けするWEBマガジン。

0コメント

  • 1000 / 1000