いままで使っていたイヤホンでは聴こえてこなかった音も「AH-C620R」で聴くと“こんな音が入っていたんだ”ってわかる! DJ YAKINIKU(YANAKIKU)がDENONインナーイヤーを体験!

 DJ YAKINIKUことYANAKIKUのおふたり。ライブや制作で常に音楽に接していることが多いという彼女たちに、普段のリスニングスタイル。そしてDENONのインナーイヤーのニューモデル「AH-C620R」を試聴してもらい、その感想を聞いた!


平常心を保つために音楽を聴くYANAと気分をアゲていくために音楽を聴くKIKU


--さっそくですが、おふたりは普段はどのように音楽と接していますか?

 YANA:私は移動中が多いです。電車とか歩きながらとか。そのときはイヤホンを使っています。

 KIKU:私も通勤の時間にイヤホンで音楽を聴きますし、家のパソコンでもスピーカーをつないで聴いています 。

--DJ YAKINIKUはDENONのイベントが初DJだったそうですが?

YANA:はい。初めてだったのでお互いがかける曲も全然違いますし、こうしよう、ああしようって相談しながら曲順も決めて… 

 KIKU:かけたい曲を各々セレクトして、ふたりが選んだ曲の中でどうやったら繋がりやすいのか、ジャンルもバラバラだったので、聴いていて心地のよいセトリを考えながら作っていきましたね、


 --DJをすることになって、初めてお互いが「こういう曲が好きだったんだ」って思うことはありました? 

KIKU:ありました。私、YANAさんは洋楽の中でも激しめの曲が好きだと思っていたんですけど、意外にもリズムがゆったりしたタイプの曲が好きらしくて。それは驚きでした。

YANA:ロックも大好きなんですよ。でも、いざDJをやろうと曲を集めてみたら、ミディアムテンポもけっこう好きなんだなって。逆にKIKUはあまりにもアップテンポな曲が多くて、こんな激しいのをふだん聴いているの!?ってギャップがありました。 

KIKU:私、音楽を聴きたいときって、(仕事の前とか)自分の気持ちをアゲたいときだったり元気になりたいときだったりが多いかもしれないです。

YANA:私は平常心を保つために音楽を聴きます。けっこう聴いている曲で気持ちが左右されてしまうので、スッとするためにミディアムテンポのナンバーをよく選びます。

 

--おふたりがふだん使われているヘッドホン、イヤホンを教えて欲しいのですが? 

YANA:移動中はi-Phone付属のイヤホンを使っています。意外にこれ音がいいんですよ。私は家で音楽制作の作業もするので、そこではBOSEのTRIPORT on-ear headphonesヘッドホンを使っています。めっちゃ年季が入っているんですけど…。 


 --YANAさんのヘッドホンとイヤホンの使い分けって? 

 YANA:いちばんは持ち運びですね。イヤホンはクルクルっとコンパクトにして鞄の中に入れ易いのがいいんです。パソコンで作業するときは、何度も付けたり外したりするので、ヘッドホンの方が便利なんです。

 KIKU:私はカラーで決めました。使っているプレーヤーのケースが赤だったので、それに合わせたいなってオーディオテクニカのCLK203を買いました。正直、これは音はそんなにはよくないです(笑)。こっちが最近ゲットしたMUIX IX1000なんですけど、こちらの方が音がいいです。スイッチでフラットとアクティブベースを切り替えられての音の聴こえ方が変わったりもするんですよ。 


AH-C620Rでバンドものの音楽を聴くとめちゃめちゃ気持ちいい!

--おふたりには、1週間ほどDENONのAH-C620Rをお使いいただきましたが、いかがでした?

KIKU:これまで自分が知っているイヤホンとは全然違いました。音がクリアに聴こえるのに、低音もしっかり感じられて、いままで自分が使っていたイヤホンでは聴こえてこなかった音もAH-C620Rで聴くと「こんな音が入っていたんだ!」ってわかって驚きました。LiSAさんの曲を中心に試聴したんですけど、ノリのいい曲もバラードも迫力がありました。とにかく聴いているのが楽しくて、長距離の移動もあっという間に着いてしまった印象です。いいイヤホンで音楽を聴くと生活が一遍するって感じました。

YANA:私は自分が普段使っているイヤホン、ヘッドホンとAH-C620Rで聴き比べました。まず音量が全然違う(大きい)。ハイもローもどちらもしっかり聴こえてきました。ローの部分は(楽器の)ベースの音がけっこう強めに感じられて。AH-C620Rでバンドものの音楽を聴くとめちゃめちゃ気持ちいい!


 --YANAさんは、どんな曲を聴かれました?  

YANA:いろいろ聴いたんですけど、いまハマっているI Don't Like Mondays.と、洋楽だとジャスティン・ビーバーの「LOVE YOUR SELF」というギターとボーカルだけの曲、それにテイラー・スイフト。あとYANAKIKUの曲も聴きました。特にAH-C620Rでバンドものはギターの弦が擦れるキュルっていう感じ、臨場感がすごかったです 

--YANAKIKUの楽曲をAH-C620Rで聴いてみてどうでした。 

YANA:違います。細かい音?レコーディングのときに聴かせたいなと思って入れた音までちゃんと聴こえました。パソコンだと全然聴こえないんです。BOSEのヘッドホンでも聴こえるんですけど、AH-C620Rではさらにクリアに聴こえましたね。あとコーラスがものすごいキレイに聴こえました。


これまではDENONというと高級オーディオのイメージがあったそうだが、このAH-C620が10,000円以下で買えると知って驚いているようだった。普段からライブや制作で音に親しむ機会の多いDJ YAKINIKU(YANAKIKU)のふたりは低音がしっかり聴こえていないとリズムのノリも違ってくるそうで、AH-C620はそういう意味でも彼女たちを満足させてくれていたようだった。

 

DJ YAKINIKU (YANAKIKU)のおふたりが試聴したイヤホンはコレ!

DENON インナーイヤーヘッドホン「AH-C620R」 

9月に発売されたDENONのインナーイヤーヘッドホン(イヤホン)のニューシリーズのエントリーモデル。11.5mmのダイナミック型ドライバーを軸にiPhone対応リモコンも装備したハイコストパフォーマンスなイヤホン。4 サイズのシリコン製イヤーピース(XS/S/M/L)やイヤホンが収納し易い新開発のキャリングケースなど日常での使い勝手にも拘った製品だ。

 主な仕様

 ●形式: ダイナミック型●ドライバー: 11.5 mm●マグネット: ネオジウム・マグネット●インピーダンス: 16 Ω●感度: 110 dB / mW●最大入力: 250 mW●周波数特性: 6 - 40,000 Hz●質量: 6.6 g( ケーブルを除く)●ケーブル: 1.3 m OFC 線( アジャスター付)●プラグ: 3.5 mm 金メッキ ステレオミニプラグ (ストレート型)●付属品: 取扱説明書、シリコンイヤーピース (XS/S/M/L)、キャリングケース /、ケーブルクリップ●価格:9,000円前後

 製品サイト http://www.denon.jp/jp/product/headphones/classicinear/ahc620r 


DENONって?

 1910年に創立された100年以上続くオーディオブランド。ハイファイアンプやレコードプレーヤー、カートリッジやハイファイ関連アイテムまで様々な製品で人気を集めている。またヘッドホンに関しても今年発売50周年を迎え、意欲的な新製品をリリースする予定だ。

 DENON オフィシャルサイト http://www.denon.jp/jp  


DJ YAKINUKU (YANAKIKU)プロフィール

YANAKIKU(ヤナキク) 左:YANA(Vo.) 右:KIKU(Vo.)

 日本文化の愉しさを世界に広げるため立ち上がったPOPガールズデュオYANAKIKU。 

2012年10月、結成。 

2013年7月、イギリス(ロンドン)「HYPER JAPAN2013」出演。 

12月、YANAKIKU初のワンマンライブを原宿アストロホールにて開催。 

2014年1月、東京ドーム「ふるさと祭り」出演。 同月、韓国(ソウル) 韓国領事館主催「New Year Event with Japanese Artists2014」出演。 

5月、中国 (上海)「AnimeparTy 2nd」出演。

 6月、押切もえ話題の動画CM「D.U.Pマスカラ〜恋の落とし穴編」のテーマソング「アガル♥︎ガール」を手がける。 

7月、アメリカ(サンフランシスコ)「J-POP SUMMIT FESTIVAL2014」初出演。 同月下旬、昨年も出演したロンドンで行われる「HYPER JAPAN 2014 」に今年はメインステージへ出演。 

9月、韓国(ソウル)「日韓交流おまつり2014 in Seoul」出演。 同月中旬、中国(上海)にて中国の字幕型動画サイトbilibili動画が開催するイベント「BiliBili Macro Link」出演。 

10月、「代官山コレクション」、そしてZepp DiverCity Tokyoにて「11th TOKYO INTERNATIONAL MUSIC MARKET -SHOWCASE LIVE-(Anison-Idol Night)」に出演。 

2015年3月4日、満を持して1st アルバム「柳菊ノ円盤」を発売。 同月、マレーシア(クアラルンプール)にて単独の雛祭りイベント「Hina Matsuri with YANAKIKU」を開催。 

8月、アメリカ(サンフランシスコ)「J-POP SUMMIT2015」に2年連続で出演。 今年は新設された「旅館パビリオン」の案内役としても大抜擢された。

 10月、ミャンマー(ヤンゴン)で開催された「Yangon Runway Girls Collection」にSean Kingstonらと出演。 

12月12日、2年ぶりのワンマンライブを六本木morph-tokyoにて開催。チケットはソールドアウト。大盛況のうちに終了した。現在、勢いを止めることなく日本国内にて精力的にライブ活動中。 エキゾチックでCOOLな“YANA”、POPでかわいらしさが売りの“KIKU” 。
 オリジナルの『きもコス(きもの+コスプレ)』とふたりのツインボーカルが生み出す
独特のパフォーマンスとユーモア溢れるトークは必見!
 あなたをちょっと変わったエンターテイメントの世界へ誘います。

DJ YAKINIKU

YANAKIKUのふたりが「Denon HP 50th Special DJ Night」への出演をきっかけにDJユニット“DJ YAKINIKU”として活動を始める。静のYANA、動のKIKUのB2Bでフロアを沸かす!

オフィシャルサイトhttps://yanakiku.jp/

0コメント

  • 1000 / 1000