ベージュのカラーで雰囲気を増したKOSSの定番モデル「PORTAPRO」

30年以上変わらずに愛されているヘッドホン

KOSSのオープン型の人気ヘッドホン「 PORTAPRO」は1984年の発表以来、30年以上に渡り世界中で愛されている人気ヘッドホン。けっしてお洒落とは言えない、ある意味無骨なルックスがデザイン面(もちろん音質や機能面も)でも日進月歩しているヘッドホンの世界において特異な存在ともいえるだろう。冷静に考えてひとつのヘッドホンが基本デザインを変更することなく、30年以上存在し続けているというは、すごい話。周りを見回してみても、そんな家電製品やオーディオガジェットはレコードのカートリッジを除いては、なかなか見つけることができないのでは?と思う。(同社のPRO4AAを除く)。

ベージュのカラーでシックな雰囲気も

そんなKOSSの「 PORTAPRO」にベージュのカラーを纏った限定モデル「KOSS PORTAPRO PREMIUM RYHTHM BEIGE(コス ポータプロ プレミアム リズムベージュ)が加わる。

1970年代にアメリカでスタジオモニターの定番モデルとして人気を博した「PRO4AA」をモチーフにしたベージュのカラーに、加え、現在のスマホを使っての使用を意識してマイク付きのリモコンも装備。

もともとレトロなイメージのあった「PORTAPRO」がベージュのカラーリングによってますます雰囲気を増して、より魅力的なヘッドホンに生まれ変わった。

11月下旬より販売開始で価格は5,500円前後。5,000台の限定生産。

製品HP https://www.teac.co.jp/jp/support/news/2504

TOKYO HEADPHONE MAGAZINE

ヘッドフォンに関連する情報を、ひたすらに掘り下げてお届けするWEBマガジン。

0コメント

  • 1000 / 1000