ウッディな心地よさ!? ハウジングに楓と紅木が使用されたイヤホンは価格も魅力的

↑DF-10楓(かえで)モデル  

さまざまな木材の中から選ばれた2種のウッド

 バイオリンやギター、ピアノなど木の楽器が奏でるウッディな鳴りは、人の心をどこか落ち着かせる 効能があるような気がしてならない。今回、紹介するイヤホン、DZAT(デザート)のDF-10もハウジングの素材に楽器などにも使われる天然の木材を使用しているのが特徴だ。このDF-10の筐体に使われるのは、質感や強度など、さまざまな角度から検討され、選ばれた、楓(かえで)と紅木(こうき)の2種類。

↑DF-10紅木(こうき)モデル


価格も魅力的

とくに楓はメイプルとしてギターのボディやネック材にも使われているので楽器ファンにも馴染み深いことだろう。このウッドのハウジングにφ6.8mmのドライバーと自社開発の振動版を組合わせているのが本器の特徴。 価格も2,230円(税込)とお手頃なのが嬉しい。 販売はe☆イヤホンのみ。  


e☆イヤホン DF-10ページ http://www.e-earphone.jp/shopbrand/ct3036/

TOKYO HEADPHONE MAGAZINE

ヘッドフォンに関連する情報を、ひたすらに掘り下げてお届けするWEBマガジン。

0コメント

  • 1000 / 1000