オーディオテクニカの人気イヤフォン、「Sound Reality series」がBluetooth対応、高音質を自由に使いこなす!

「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」をコンセプトとしたオーディオテクニカの人気イヤフォン「Sound Reality series」がBluetooth対応した3モデルを発表した。今回のBluetooth化にあたって、それぞれのモデルに専用ドライバーを搭載し、「Sound Reality series」の目指すサウンドのクオリティをワイヤレスでも実現させているとのこと。ルックス的な特徴としてバッテリー部とイヤフォン本体を分けることで、サイズをコンパクト化。長時間の使用でも違和感を感じることなく、音楽を楽しむことができるそう。 発売は6月23日、価格はオープン価格となっている

トップモデルの『ATH-CKR75BT』はレスポンスのよい高解像度再生が可能なφ11.8mmドライバーを搭載。こちらは精密設計により音の純度を高めているとのこと。市場予想価格は15,000円前後

製品詳細はこちら

ミドルクラスの『ATH-CKR55BT』はコンパクトなφ10.7mmドライバーを搭載し、耳穴の小さな人にも広帯域なサウンドが楽しめる。市場予想価格は10,000円前後

製品詳細はこちら

エントリークラスの『ATH-CKR35BT』はミニマルモデルなクリアな中広域が特徴のφ9.8mmドライバーを搭載している使いやすいモデル。市場予想価格は6,000円前後

製品詳細はこちら


BluetoothコーデックはどのモデルもAACに対応。ATH-CKR75BTとATH-CKR55BTは加えてaptXにも対応しているそうだ。

0コメント

  • 1000 / 1000