DENONが僕にとって音の基準になっているのかも知れない。 大木伸夫(ACIDMAN)インタビュー

今年で結成20周年を迎えるACIDMAN。情景が浮かぶ歌詞世界やサウンドをストイックなまでに追求してきた中心人物、大木伸夫が感じてきたバンドの変化と音楽への接し方、そして彼のリスニングのルーツをDENONというワードをキーに話を聞いた。


ポジティブな言葉を発信して誰かに希望を与えていきたい

--結成20年となりますが、振り返っていかがでしたか?


 大木:あっという間のひと言に尽きますね。自分自身、振り返っても“そんなにやってきたのか!”という実感もないです。気が付けば20年みたいな。 


 --大変な時期もありましたか?  


大木:そうだなぁ、ずっと大変です(笑)。でも自分が好きで選んだ道だし、夢として目指したミュージシャン生活は素晴らしいし、楽しい経験をさせてもらっています。でも同時に大変なことも多いので、傍から見たら、すごく苦労しているように見えているかもしれません。


 --20年の活動の中で変化したことはありますか?
 


大木:表現の仕方が変わってきたと思います。デビューの頃はあえてネガティブな表現の仕方を選んでいた気がします。 “人間というものは地球にとって悪なんじゃないか”と、物事を少し斜めから捉えていましたが、現在はポジティブな部分をもっと伝えていかなければと思うようになりました。限られた人生の中で、自分の発信するものがネガティブなワードで終わっていくよりも、ポジティブな言葉を発信して誰かに希望を与えていきたい。そんな気持ちの変化に伴って表現方法も変わってきました。以前に比べてアコースティックギターで曲を作ることが増えたし、生楽器の音色が心地よくなって、柔らかい雰囲気、バラード曲も増えてきました。それは年齢からすれば、自然なことかも知れないけど、若い頃は衝動的なものや破壊的なものが好きだったし、言葉も抽象的なものを選んでいました。アートも無意味なものこそに意味があるといったダダリズム的なものが好きでした。今もその部分はありますが、シンプルで美しいものに興味が沸いてきて、音もシンプルに言葉もわかりやすいものに変化してきています。 


昔からの馴染みがあるものに落ち着くんです。


 「音楽が生業になってからは昔のように純粋に音楽を楽しめなくなっているんです。音楽を作ることに集中してしまうので…」。そう語る大木の、この20年での音楽への向き合い方とは?


 --20年という歳月の中、オーディオ製品やリスニングのスタイルも速いスピードで変化していると思いますが、大木さんは音楽とどう向き合っていますか? 


大木:自分が音楽を聴く環境は昔からの馴染みがあるものに落ち着くんです。実は曲をダウンロードしたこともあまりなくて、いつもCDで音楽を聴いています。青春時代に体験したCDをかけるときのわくわくした気持ちが今でも忘れられなくてね。そういう意味ではレコードにはちょっと憧れがあります。 


 DENONのシステムがいちばんよく聴こえる


 大木:初めて買ったオーディオ・システムがDENONです。カセットデッキとCDとラジオ、アンプとスピーカーの組み合わせで、それを今でもメインで使っています。中学生のときに、地元のディスカウント・ショップのチラシに当時30万円くらいしたDENONのシステムコンポが格安で載っていて、ずっと貯めていた貯金を全部はたいて購入しました。それまで音楽を聴くのに安いラジカセを使っていたので、本格的なオーディオを手に入れられたのが、すごく嬉しくてね。筐体の色がゴールドなのが、すっげーカッコよくて、ダントツで音がいい気がしたんです。プロになってレコーディングやマスタリング時に、JBLや、いろいろな素晴らしいスピーカーで聴かせてもらう機会も増えて、もちろん、それらもよい音だと思うけど、家に帰ってDENONのシステムで聴くと、落ち着くというか、僕にはいちばんよく聴こえるんです。25年間ずっと家ではDENONの音を聴いているせいか、このシステムの音が僕にとって音の基準になっているのかも知れない。 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

大木伸夫 meets HEOS by DENON


今回、WiFiでつなぐワイヤレスオーディオであるHEOS by DENONのHEOS1を大木に体験してもらった。25年前に購入したDENONのオーディオ・システムを今でも愛用している彼はどんな印象を受けたのだろうか? 


 --今回、HEOS by DENONを体験していただきましたが、いかがでしたか?
 


大木:レコーディングスタジオでメンバーとHEOS by DENONをチェックしました。最初に感じたのは“音がよいな”ということ。このサイズでこのクオリティの音が出せることに驚きました。スタジオにあるJBLと聴き比べてもHEOSはパワーもあるし、低音も出ているので、これはなかなかのものだぞと。さらに手軽なところも気に入りました。ワイヤレスで音が楽しめて使い勝手がいいし、専用のアプリでいろいろなことができるのにも驚きました。中学生のときに買ったDENONのシステムをずっと愛用している身からすると、こんな便利な時代が来たのかと(笑)。僕はそういうところにずっと疎かったと気が付きました。 

“家で音楽を聴くという楽しみ”を発見させてくれそう


 --今回は音質面をメインにチェックしましたが、例えば、大木さんがHEOS by DENONをプライベートで使ってみるとしたら?


 大木:今まではオーディオが置いてある部屋以外で音楽を聴くことはなかったけど、HEOS by DENONだと、家の中の音楽が欲しい場所に、よい音を気軽に持ち運べるのは、いろいろと可能性が広がりそうですね。過去にポータブルのスピーカーは購入したことがあって、ツアーの移動中などに簡易的に使ったことはあったけど、HEOS by DENONは、それとは違った“家で音楽を聴くという楽しみ”を発見させてくれそうな気がします。 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

大木伸夫 meets DENON AH-D7200

デビュー当時、ヘッドフォンで音楽を聴いて欲しいと言っていたんです。なぜなら大音量で聴けるし、音楽に没入できるから。音楽には哲学や思想があって、僕らは言葉とメロディで自分たちの生き様を刻んでいるんです。だからこそ、集中して聴いて欲しいし、AH-D7200のような贅沢なヘッドフォンなら、しっかりと作品に向かい合えそうな気がします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


DENONの音が好きな理由がわかった気がします


11月23日には盟友たちを集め、ACIDMAN Presents SAITAMA ROCK FESTIVAL“SAI”と称したバンドの20周年を記念したフェスも開催される他、12月には11枚目のアルバムとなる『Λ(ラムダ)』のリリースが決定しているACIDMAN。楽器は表現のツールだという大木がDENON製品に触れ、感じたこととは?


大木:取材の中で、自分が普段使っているDENONのオーディオのシステムも、コンデンサーなどのパーツの配置や重量の配分など、何度も細かい調整を繰り返してDENONの音を作りあげていると聞きました。僕も自分のギターを奏でるときのシステムは数ミリの調整で音が変化するんです。エフェクターやアンプの配線に使うシールドの違いや電源にも気を使って、サウンドを作り込んでいます。そういう面もDENONと共通するところがあるだろうし、DENONの音が好きな理由がわかった気がします。今回このお話をいただいたときに運命を感じました。


ACIDMANオフィシャルサイト

ACIDMAN Presents SAITAMA ROCK FESTIVAL“SAI”

DENON

11月23日に埼玉スーパーアリーナで行なわれるACIDMAN Presents SAITAMA ROCK FESTIVAL“SAI”にDENONも協賛している。当日会場では本記事で紹介したHEOS by DENON、AH-D7200の他、DENON製品を体験できるコーナーも設置されるとのこと。


0コメント

  • 1000 / 1000