一度使えばヤミツキに! 驚くほど臨場感あふれる立体的なサウンドを体感できるスピーカー内蔵クッション「HUMU(フームー)」

 フィンランド発のまくら型スピーカー「HUMU(フームー)」が海外で発売され人気を博している。再生周波数帯域は20〜20kHz。メーカー独占特許「Flexound® Augmented Audio Technology」により、音の周波数に合わせて適切な振動を空気に与え、音を立体的に体で感じることができる。

 カバー材質はポリウレタンとナイロンを50%ずつ使用したソフト・マイクロファイバー。クッション性が高く非常に肌触りも良い。一見しただけではスピーカーを搭載しているとは思えないデザインだ。

 サイド側のカバーをめくるとスピーカーの電源ボタン、給電用のマイクロUSB端子、音声入力用の3.5mmジャックが配されている。メカニックな部分はこれだけだ。基本的にはパソコン、スマートフォン、タブレットとBluetoothで接続して使用するが、Bluetooth非対応のオーディオ・デバイスと有線接続できるのもありがたい。

 実際に使用してみると、それほど音量を上げなくても予想以上にクリアで迫力あるサウンドに驚く。また、本体と後頭部が接する面を多くするとより一層立体的で臨場感あるサウンドとボディーソニックが楽しめるようだ。

 小さな音でリラクゼーションしたり、ボリュームをあげて臨場感たっぷりに映画やゲームを楽しむなど、さまざまなシチュエーションで活躍するだろう。

 カラーはグレーとグラファイトの2種類。

 なお、現在HUMUは海外のみで販売されているが、クラウドファンディング・サイト“kibidango”にて日本正規輸入に向けたプロジェクトを4月10日(火)より開始する。

期間中だけのお得な特典も用意されるとのことなので是非チェックしていただきたい。

https://kibidango.com/693

 また、プロジェクト開始日には体験イベントが開催される。興味がある方は参加してみてはいかがだろうか。


8名限定!フィンランド発の新体感スピーカー「フームー」をみんなで体験しよう!

・日時:4月10日(火)18:30開場 19:00開始

・場所:きびだんごオフィス(新宿区上落合3-8-25 FLAMP1304)

・定員:8名まで

・参加費:ワン・ドリンク代(500円)

・アクセス:東西線「落合駅」徒歩30秒。

イベント詳細についてはこちらをご覧ください


0コメント

  • 1000 / 1000